予約困難店!「鮨三心」男前大将が握る美しすぎるお寿司


お店データ

  • 店名:鮨三心
     

  • 所在地:大阪府大阪市中央区内久宝寺町2-7-14
     

  • アクセス:谷町六丁目駅から徒歩5分
     

  • 電話番号:06-6767-0677
     

  • 定休日 :【第一部】17:30~【第二部】20:30~
     

  • 営業時間:不定休
     

  • 食べログページ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270204/27095402/

食べログのブログランキング参加してます!
目指せ全国トップ10!
ポチってくれたらうれしいです!
食べログ グルメブログランキング




予約困難店!谷町六丁目「鮨三心」


大阪市内の江戸前寿司屋でもトップクラスの予約困難店。
谷町六丁目の「鮨三心」さん。

普通なら僕も予約取れないんですが、お世話になっている方が貸切会をするということで僕も末席に加えていただき念願の初訪問。

谷町六丁目駅から徒歩5分くらい。
小さい子供が遊んでいる公園の前、意外すぎる立地。

17時半〜と20時半〜の二部制。
僕らは17時半でした。

噂の男前大将!!


10席のみの店内。
白木のカウンターと間接照明。
お香の香りが高級感と落ち着きを演出。

そして「大阪の寿司業界1男前」という噂の大将!!
めっちゃ爽やかですやん。

トークも軽快、女性ファン多い。
これだけでも人気店ですがもちろんお寿司もレベル高し。

コース18000円〜

コースは18000円〜
大阪の江戸前寿司だとちょっと高い方ではないでしょうか。

このお値段でも内容で納得。
握りもアテも抜群でした。

※訪問は11月なので食材が若干旬じゃないですがご了承ください。

気仙沼の戻り鰹


この時期はやはり戻り鰹ですね!
タタキとヅケの食べ比べ。

軽めのヅケはつるんと滑らかな食感と醤油の香り。
カラシがナイスアクセント。

タタキは皮目の脂の香りがたまんないっす。

一品目から度肝抜かれます。

タラ白子の餡かけ


ゆずの果汁で作った甘酢餡でタラ白子。

甘酸っぱさの中に透き通る柑橘の香り。
そして濃厚な白子。

美味すぎて既にノックアウト寸前。

伝助アナゴの串焼き


ほくほくパリパリの串焼きにした伝助穴子。
じゅんわりと旨味溢れてます。

ぶり大根


十日間熟成のブリトロを大根の酢漬けと一緒に握った三心流のブリ大根!

とろける脂と大根とゆず皮。
ナイスバランス。

あん肝と奈良漬大根


寒くなったらあん肝が欲しくなる酒好きのDNA。
細かく刻んだ奈良漬大根の甘さと食感がまた面白いんです。

ガリ


次から握りが始まるということでガリをセット。
根生姜丸々のガリはピリリと辛い。

一発で口の中リセットしてくれます。
なんならこれだけで延々お酒飲めます。

フエダイ


握りは大島のフエダイからスタート。
昆布締めにして旨味プラス。
弾力と脂が絶妙。

そしてこのお皿に反射するお寿司が美しすぎます。
水面に映る満月のよう。ナンツッテ。

シメサバ


脂ののったシメサバは分厚く切っつけると歯ごたえが強すぎ流ので薄く切っつけて3枚握り。
シャリと同時にほぐれていきます。
見た目も抜群。芸術です。

ヅケマグロ


北海道戸井町のヅケマグロ
ねっとり食感の丁寧な江戸前の仕事。

中トロ


同じく戸井の中トロ。
サシの入り方も絶妙。

一瞬で口の中で溶けていきます・・!
あと15分味わっていたかった・・!

銀杏


ここでちょっと休憩。
秋っぽい銀杏の塩焼き。
ホクホク。

コハダ


定番のコハダは熊本の三角から。
軽めのシメ具合がいいっす。

煮ハマグリ


プリップリの煮ハマグリ。
甘めのツメが美味。

イワシの塩焼き


サンマかな?と思うほど見事なイワシ。
一度酢締めしてから塩焼きにしているので骨まで食べられます。

ジュワジュワと皮目の脂が弾ける様はよだれが止まりません・・!!

ホクホクジュワジュワ・・大根おろしポン酢でさっぱり仕上げてます。
日本の秋を堪能。

サンマ


サンマは塩焼きではなく握りに。
分厚くきっつけてますが包丁目を深く入れることでシャリとのバランスをとってます。

皮の銀色とピンク色の身のコントラストが美しすぎます・・!!

そしてとろける脂・・!食べる芸術品。

剣先イカ


精密機器のような細かな包丁目に度肝抜かれます。
そして口の中に入れた瞬間の解け方・・!

イカはここまでとろけるのか・・!!
感動。

ウニイクラ丼


ミニサイズのウニイクラ丼。
王道ですが間違いない。

松茸土瓶蒸し


国産の見事な松茸!
これだけでいくらするんだ!!

ハモと土瓶蒸しに。
秋ですね〜!!

すだちを絞って・・ええ香り・・たまらんすね。

カワハギ


カワハギの身は昆布締めにして肝はヅケにしてます。
江戸前の技法でカワハギの魅力を最大限に。

毛ガニ


毛ガニのほぐし身がてんこ盛り・・!
天国じゃあ・・

これを握りに!!!ナイステク。

そして男前のハンドトス・・!

ほぐし身には蟹味噌を和えております。
蟹の濃厚な旨味がたまらんっす。

穴子


定番の穴子は極限まで煮ているので口に入れた瞬間・・
ペースト状にとろけます!!!

絶妙。

玉子


玉子は通常のあっさり目のものと日替わりであん肝が入った甘めの玉子の2種類食べ比べ。
最後の玉子まで本気です。

最初から最後まで感動の嵐。
予約困難店は伊達じゃなかったです!!!




食べログレビュワーページ

http://tabelog.com/rvwr/mach/

デートのお店はここからどうぞ!
https://kudokimeshi.com/
ブログ
http://mach-no-osusume.com
旧ブログ
http://osusume-gohan-mach.blog.so-net.ne.jp/
Facebookページ

https://www.facebook.com/osusume.gohan.mach

インスタグラムやってます!
#マッハのオススメごはんですよ





にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

鮨 三心寿司 / 谷町六丁目駅谷町四丁目駅松屋町駅

夜総合点★★★★ 4.2

関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です