超予約困難店!京橋「鮓 きずな」赤酢で深まる寿司との絆。


お店データ

  • 店名:鮓 きずな
     

  • 所在地:大阪府大阪市都島区都島南通2-4-9
     

  • アクセス:京橋駅徒歩8分
     

  • 電話番号:06-6922-5533
     

  • 定休日 :月曜日・第3火曜日
     

  • 食べログページ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270107/27041868/

食べログのブログランキング参加してます!
目指せ全国トップ10!
ポチってくれたらうれしいです!
食べログ グルメブログランキング




マッハの勝手にレビュー(笑)

味  :[5]関西人からすると独特な赤酢シャリ。それでも絶品。

雰囲気:[5]高級感のある店内は姿勢がピンとなります。

値段 :[3]妥当なお値段です。

接客 :[3]話しやすい大将。

立地 :[3]え、こんなところに!?



 


マッハのおすすめごはんですよー!
大阪京都のおすすめグルメを紹介しているブログですー!
毎週月水金更新しておりますが割と他の曜日も更新しております。

今日もよろしくお願いしますー!

超予約困難店「鮓きずな」


今日のお店はJR京橋駅徒歩8分。
京橋の商店街から一本入って行くと今日のお店「鮓きずな」さんがあります!

ご存知の方も多いとは思いますが「きずな」さんは大阪のお寿司屋の中でもトップクラスの予約困難店。
常連客が来店時に予約を取って行くため、新規で電話予約を取るのが困難となっており、毎月多くの方が涙を飲んでいる人気のお店なのです。

僕は高校時代この辺りで遊んでいたので、この辺にそんなお店があることに驚き。

12席限定のプレミアシート


高級料亭を思わせるような店内は気を引き締められながらもドキドキワクワクさせられます。

カウンターのみ12席のみの店内はエル字型で大将の仕事を目の前で楽しめるライブ感。
やはりお寿司はカウンターですね!

予約は17:00~、19:40〜の2回転のみ、席数も多くないので、ほんまにプレミアな席。
お誘いいただいた方には感謝しても仕切れません。

関西では珍しい正統派江戸前スタイル


関西でも江戸前寿司のお店はありますし、赤酢のシャリで握るお店も珍しくありません。
しかしその赤酢は関西人の口に合う為に、米酢をブレンドさせたり、砂糖を入れています。

きずなさんの赤酢のシャリは砂糖すら使わない、酸味の強いシャリなのです。
さらに専用の保温機により温かいシャリで握るスタイル。

大将曰く、これが東京の江戸前寿司なのだそう。

関西で食べる江戸前寿司に慣れている方には衝撃かもしれません。
実際僕もそうでした!

ただ、これはハマれば他のお店にいけなくなってしまうんだろうな・・
常連が通いたがるのがわかります・・!

アテも握りも盛りだくさんのコースは大体2万くらい。
僕のような若造では頻繁に行くのはしんどい額ですが、金額以上の内容であることはわかります!!
感動のコースの内容をご紹介します〜!

ひらあじ棒寿司


まずは関西寿司です、とのこと。

淡路島のひらあじを棒寿司で。
棒寿司って関西スタイルなんですね〜

生姜と木の芽しのばせて爽やかな香りが食欲をそそります!

シジミとハマグリのお吸い物


宍道湖のシジミと九十九里のハマグリのおだしのお吸い物。
優しい味なのにコクが半端ないです!

明石のタイ食べ比べ


明石のタイは塩とわさび醤油で一切れずついただき、薄造りにはポン酢ジュレをのっけていただくことで食べ比べを楽しめます。

もっちりと脂ののった鯛の色んな表情を楽しめるのです。

白身造り2種


淡路島由良のサワラをヅケに、青ネギと生姜のペーストをのっけてます。
徳島のタチウオはタタキにカラシ。

技ありです・・!

明石のスミイカ


すだち塩とわさび醤油で一切れづつ。
コリっとサクッと軽い食感は感動ですよ!

明石だこ


ぶつ切りで味付き(桜煮?)
タコの頭まで添えてくれてます!

これが柔らかいのなんの・・!
噛めば噛むほど滲み出る旨味。

富山のホタルイカのリゾット


富山のホタルイカで小さなリゾットに。
ホタルイカはスモークしていて、口に入れると薫香ふわり。

リゾットは酢飯とホタルイカの味噌で味付けされていて、さっぱりなのにコクがあります!
青海苔とヒラタケがまたアクセント。

明石の焼き穴子 食べ比べ


明石の焼き穴子はワサビのっけと海苔巻きの食べ比べ。

炭火で外はカリッと中はホクホクジューシーに仕上げられた穴子はたっぷりのワサビが絶妙。
脂のくどさを感じさせないワサビが穴子を引き立てます!

さらに海苔巻きにすることで海苔の爽やかな香りがまた炭焼きの香ばしさと合うんです・・!

ハリイカの肝のルイベ


ここでアイヌ料理のルイベが出るとは・・引き出しどんだけあるんだろう・・!

凍らせたハリイカの肝をちょっとずつ摘んでいくのです・・!
極上のお酒のアテです。

牡蠣のワンスプーン寿司


北海道の厚岸(あっけし)の牡蠣を蒸してスプーンに乗せたお寿司。
写真映えしますね〜

プリンプリンのトロントロン。
官能的・・!

千葉房州のカツオ


カツオは藁で燻してから、味噌と完熟ペッパーであえてます。
ピリリとパンチの効いた味付けでお酒が止まらない!

あん肝の奈良漬和え


余市のあん肝は奈良漬あえてます。
ふわふわクリーミーなあん肝にシャキッと食感の奈良漬けが。
さらに濃厚なあん肝に酸味の奈良漬け。

味と食感の2つのコントラスト・・!
これ美味しすぎて無理言ってお代わりしました・・!

青森のもずく


もずくも普通のもずくじゃない!
甘い酢?のジュレがアクセント。


ここから握りが始まります〜!
アテだけでも感動なのに、握りが始まったら一体僕はどうなってしまうんだッ

カワハギ肝握り


まずは名物、明石のカワハギ肝
肝を忍ばせてあります。

酸味の強い赤酢のシャリと濃厚な肝はまるでマヨネーズ。
感動です。

サワラの藁焼き


サワラも藁焼き香りが鼻から抜けて心地良い・・!

アジ


淡路島由良のアジは赤酢でしめており、シャリとの調和も完璧。
青ネギと生姜のペーストがアクセントとなっています。

サワラと椎茸の茶碗蒸し


ここでまだ一品挟みますね〜
たっぷりの椎茸が入った茶碗蒸し。
山椒がきいてて品があるのに、ガツンと荒々しくもあります。

ヅケ


和歌山勝浦のマグロをヅケに。
ねっとり絡みついて醤油の香りが鼻から抜けて行きます・・!

中トロ


同じく勝浦の中トロ。
脂の多いネタはこの酸味が強いきずなさんのお寿司にピッタリです!

天草のコハダ


今まで食べたコハダの握りの中でもダントツの酸味。
爽やかな香りです。

富山の白えび昆布締め


トロリと甘い白えびは昆布締めにすることで旨味強調。
ヤバすぎ。

赤だし


三重県のあおさ海苔の赤だしで小休止。

ウニ食べ比べミニ丼


淡路島ムラサキと根室バフンウニの2種類がのったミニ丼。
こんなん秒です。
美味しいに決まってます。

煮ハマグリ


九十九里の煮はまぐり。
甘くて柔らかい。丁寧な仕事です。

穴子


山椒を効かした穴子は口入れた途端にとろけます。
赤酢のシャリの酸味が煮ツメの甘さを引き立てます!

トロたく


名物のトロたくは有明海苔で。
トロの甘みとシャリの酸味にバッリバリの海苔の爽やかな香り・・

あーあと5本食べたい。


芝海老と鯛ダシが香る玉子はスフレのような軽さ。
変態的な仕事です。

本来ならここでコース終了なのですが、まだ楽しみたいということで追加!
あー贅沢・・!

宮城のマス


サーモンに似たマスのお寿司。
初めて食べました。
ほんのりと脂が乗って品のいいネタです。

トロ


勝浦のマグロのヅケ、中トロときて最後はやはりトロです。
一瞬でとろけます・・!まだまだ口の中で楽しんでいたかったのに・・

かんぴょう巻き


甘辛く煮た干瓢にバリバリの海苔の香り・・!!
さらに、つーんとわさびを効かせて。

干瓢巻きが主役を張っている・・!!?

べったら漬け


最後はべったら漬けでフィニッシュ。
京都出身の僕としてはべったらは嬉しい。

甘酸っぱいべったらで口の中をさっぱりとして終了。

地酒の種類も豊富だったので、結構お酒も進み良い感じに酔っ払って帰りました〜!
良い経験できました・・!ありがとうございました!!




食べログレビュワーページ

http://tabelog.com/rvwr/mach/

デートのお店はここからどうぞ!
https://kudokimeshi.com/
ブログ
http://mach-no-osusume.com
旧ブログ
http://osusume-gohan-mach.blog.so-net.ne.jp/
Facebookページ

https://www.facebook.com/osusume.gohan.mach

インスタグラムやってます!
#マッハのオススメごはんですよ





鮓 きずな寿司 / 京橋駅JR野江駅大阪城北詰駅

夜総合点★★★★ 4.3

関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です